Rivon2_edited.jpg

外国人採用について

北海道土木協会様の研修会にて、短い時間ですが、今後外国人の採用を検討している企業様、また現在採用している会社様に私が現地で見てきた実習生についてのお話をさせて頂きました。

私が伝えたかったことは、技能実習生の採用について監理団体や現地送出し機関の選定がとても重要ということ。更にこの制度には色々なブローカーが介入しており、このブローカーたちが実習生達が日本で起こす問題の原因を作ってしまっている、というあまり知られていない裏の仕組みです。

現地送出し機関が人材ブローカーや企業紹介ブローカーに手数料を支払い、その手数料が実習生たちの出国時手数料に乗る、、、その為過剰搾取となり借金を抱えた彼らの日本での問題発生率が高まってしまっています。

現在採用をお考えの企業様は、今契約を検討している監理団体は現地送出し機関からキックバックを貰っているかどうか、その監理団体はブローカーを利用していない送出し機関と提携しているのか、、、、


もしこれから採用を検討している企業様は、一度足を止め、色々調べてみてからの採用をお勧めいたします。

その際は何かお力になれることがあるかもしれませんので、是非ご連絡下さい。